【フォント】JKゴシック

JKゴシックM

JKゴシックL

これもよく使うフォントになります。
手書き風でかわええ。
使い勝手も非常によいのでゲーム内で使ったりしています。
ちなみに、フォントを作成しているのはJKではないとの事。
公式サイトで記載記載があり笑いました。

>> かわいいフォント箱様 (http://font.cutegirl.jp/)

【Unity】Inspectorに説明を表示する。

Inspectorにオブジェクトや色々追加していくと、途中でわけわからなくなる。
で、インスペクターに説明を表示する訳なのですが意外と人に聞かれる。

ググればすぐでてくるのですが、一応記事を埋める為に記載。

public class Test : MonoBehaviour
{
	[SerializeField, HeaderAttribute ("Inspecterにココが表示される")]
	public GameObject hogehogeObj;
}

他にも種類はあるのですが、即使うのはこれくらいでいいのではないかと。

【Unity】文字の表示のあれこれ。

文字の表示で結構悩んだ事がしばしば。
結構最近まで、ヒエラルキーのCanvas内に表示する以外は、NGUIのLabelしか表示のやり方を知らなかった今日この頃いかかがお過ごしでしょうか?
で、まとめてみました。


NGUIは便利なんですが、将来性が~とよく聞いたりします。
ま、自分は現行でも使ってはいますが。
ただね、お金かかる。 >> NGUI (AssetStore)
割と更新は最近されたっぽい。

あとは、Canvas上で表示する、text。
で、最近見つけた(←遅すぎ)Text Mesh。
これがCanvas外にテキストを表示するものでした。

通常に表示すると、すっげーなんか汚い。
で、Chracter Size、Font Sizeをいじる。
単純に言えば、文字サイズを大きくして、小さく表示するみたいな事をやっております。
※背景が黒いのはGame画面になります。

// 指定のUILabelに対してテキストを変更する。[NGUI]
transform.Find("パス").GetComponent<UILabel>().text = "ほげほげ";

【フォント】あずきフォント

>> あずきフォント(http://azukifont.com/)

日本語のフリーフォント。
手書き風の丸フォントになります。
作成するものにもよるのですが、結構手書き風という注文があったりします。
そんな時にこれを使う事が多いです。

数字をかなーり使っております。

【Unity】Androidの64bit対応版アプリでアップロードしても32bitで認識される。

32bitでアプリを公開していたのだが、2019年8月1日(フタマルヒトキュウ)からGoogole Palyで公開するアプリは64bit対応が必須との故。
面倒だなと思いながら対応をしておりました。(自分ではないw
が、自分のように記述をしてしまっている。

64bitの対応はNDKだかなんだか追加して、ARM64にチェックを入れてビルドで問題なかった。
が、アップロードをしてみると・・・・

まったくファッ○ンなメッセージが。
ちゃんと64bitでビルドしてんだろうに・・・・・・
あーだこーだと原因を調べて数日間(別の作業しつつ)がこいつが原因だった。

Target ArchitecturesのX86のチェックを外して問題解決。

BuildSetting > Target Architectures


こいつを外すと問題としては、x86搭載の端末は切り捨てになってしまう。
が、かなり古めの端末になるはずだしま、大丈夫だろう・・・・と願いたい。

今のところはこいつが解決策になるのかぁ。

【Unity】Applyがねぇ・・・・・

以前の話になるのですが、Unity 2018.4になってApplyがなくなって焦った時期がありました。
妙光さん!右上のApplyがねーんだよ!!

Applyの仕様が変更になったみたいでこんなになっておりました。

新規でオブジェクトを追加するとヒエラルキーに+が追加されていきます。

以前とは表示も違う・・・・



で、問題のApplyなのですが。
Insepector > Overridesをクリック。

テロンと新規・編集したものが表示されます。
あとは、Apply AllでOKでした。

UI変わると一苦労するねぇ。

ネタなくて記事を書きました。

【フォント】自家製 Rounded M+

>> 自家製 Rounded M+(http://jikasei.me/font/rounded-mplus/)

日本語のフリーフォント。
こちらもよく利用させて頂いております。(製作者様に感謝
前回紹介した「M+font」を丸くしたフォントになります。
Regular、Bold以外にも、Heavyなど7つのウエイトが選べます。

非常に使い勝手がよいフォントです。
毒島的にはオヌヌメ★★★★★ですね。

【フォント】M+FONTS

>> M+ FONTS(https://mplus-fonts.osdn.jp/)

日本語のフリーフォント。
色々と重宝しております。(製作者様に感謝

ゴシックかつ整えられていて非常に使いやすいです。
フォントは基本は有料になっちゃうことが多いのですが、無料で使用できるのは非常にうれしい。
改造なんかもOKだそうです。
詳しくは、上記のリンク先の詳細を見てください。

【無料版】積み上げろ! でこぼこ バランスタワー (Pile up! DECO BOCO)

Release 2019/8/13

【これは無料ゲームです】
ピースをたくさん積み上げて世界記録ランキング( 1位~99位)へネームエントリーをしよう。

【このゲームの遊び方】
ゲームをスタートすると、ピースが出るのでドラック&ドロップをして下段のパレットに積み上げてください。
いずれかのピースを画面の外へ落としてしまうとゲームオーバーです。

【バランスゲームのヒント】
10段目くらいから揺れ始めるので慎重に積んでみましょう。
ドラッグ&ドロップのピースで間接的に押し出すと傾きの微調整が出来ます。

【タイトル画面について】
[Start Game]
積み上げゲームをスタートします。

[World Recode]
世界記録 1位~99位が閲覧できます。
(画面のスワイプでスクロールが出来ます。)

【世界記録ランキング!】
リザルト画面で名前(英数字16文字まで)を入れて、[Entry!]タップでスコアランキング登録の申請をします。

世界記録ランキング(1位~99位)に入っていると、いつでも[World Recode]タップで閲覧が可能です。

※ネットワークを使用してスコア登録をする為、遊ぶ前にスマートフォンの通信状態を確認してください。

【無料版】
Google Play で手に入れよう

【無料版】かゆうま日記 ジェネレーター(編集・投稿ツール)で、物語を創ろう。

Release 2019/4/22

ほとんど文字入力だけの簡単な操作で
『貴方の考えた物語(かゆうま日記)』
の画面が作成できます。

作品を投稿したらブログ(SNS)などへ生成されたURLを貼ることにより、閲覧させることができます。
YouTube(動画配信)などの素材としてもご利用ください

このツールで作成できる物語(かゆうま日記)は、1ページ辺り180文字で11ページあります。
お好みで短いページの作品も可能です。

作品のイメージ背景は9種類があり『日誌ノート』『集合写真』『重要書類』『手紙』『手帳』『交換日記』『原稿用紙』『取扱説明書』『カレンダー』から選べます。


物語(かゆうま日記)は、スマートフォン本体・投稿が9冊まで保存・公開ができます。
公開については何時でも自由に止めることができます

お手数ですが、ご利用前に【利用規約・免責】をお読みください、公序凌辱に違反しないご利用をお願い致します。

文章が完成したら、以下のような感じにWeb公開ができます。
色々な物語を創ってお楽しみください。

投稿公開サイト
http://rawmy.tokyo/kayuuma_nikki/viewer/

作成サンプル
http://rawmy.tokyo/kayuuma_nikki/viewer/examples00/1/
http://rawmy.tokyo/kayuuma_nikki/viewer/examples00/2/
http://rawmy.tokyo/kayuuma_nikki/viewer/examples00/3/

【無料版】
Google Play で手に入れよう